SIGN OF THE DAY

〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2021年のベスト・アルバム、ソング&
映画/TVシリーズ5選 by 小林雅明
by MASAAKI KOBAYASHI December 25, 2021
〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、<br />
2021年のベスト・アルバム、ソング&<br />
映画/TVシリーズ5選 by 小林雅明

>>>Best Albums of 2021

5. Brandee Younger / Somewhere Different

4. Moor Mother / Black Encyclopedia of the Air

3. John Carroll Kirby / Cryptozoo

2. Mach-Hommy / Pray for Haiti

1. Armand Hammer, The Alchemist / Haram



>>>Best Songs of 2021

5. Kali Uchis / telepatía

1.~4. C.Tangana / Tiny Desk(Home)Concert(の4曲)



>>>Best Movies / TV Series of 2021

5. アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ

4. 真夜中のミサ

3. Titane

2. 偶然と想像


1. დასაწყისი



例によって、思いつくままにタイトルを挙げてみたら、映画が4本だったので、配信/TVシリーズをもう少しリストアップしてみると、『Can't Get You Out Of My Mind』『殺戮の星に生まれて』『Reservation Dogs』『マウス』『原潜ヴィジル』、『陰謀論のオシゴト』『ザ・ビートルズ: Get Back』、そして、年末に始まった『Station Eleven』といったところに。

全体を見渡すと、『Black Encyclopedia of the Air』、“telepatía”、『アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ』(それに『Station Eleven』)といった、成立をはじめ様々な角度からパンデミックと(の影響)関係を持つ作品が含まれているのが、2021年らしい。それと、例えば、『真夜中のミサ』(の特に、アラン・ワッツの講演内容のような“落としどころ”)と、前年(2020年)の『ミッドナイト・ゴスペル』を並べてみることで、タイトルの類似以上に、「個々人による、通常の自己を超えた何ものかとのつながりの経験」なるものに更新された、今様の“スピリチュアリティ”の存在感/潜在的安定感をまたも強く感じることとなった。それは、評者の個人的関心の範囲とは別次元で既に幅広く意識されているのだろう。

今回、ここに挙げた(アーマンド・ハマーの)ビリー・ウッズとカリー・ウーチス以外のクリエイターによる全ての作品が、1年前にここに並ぶとは予想すらできなかったものなのが楽しい。本当に面白いものは、常に自分のよく知らない(気づいていない)ところにあるわけで……。


〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2021年のベスト・アルバム、ソング
&映画/ドラマ5選 by 照沼健太


「〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2021年の年間ベスト・アルバム、
ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選」
扉ページ


2021年
年間ベスト・アルバム 50

TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、<br />
2021年の年間ベスト・アルバム、<br />
ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

    January 28, 2022〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
    2021年の年間ベスト・アルバム、
    ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

  • LATEST

    数量限定!宮下貴裕デザイン!生産は<br />
TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.!<br />
受注締切は4月2日!お見逃しなく!

    March 24, 2022数量限定!宮下貴裕デザイン!生産は
    TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.!
    受注締切は4月2日!お見逃しなく!

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位