SIGN OF THE DAY

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、
2016年の私的ベスト・アルバム5枚
&ベスト・ソング5曲 by 河村祐介
by YUSUKE KAWAMURA January 31, 2017
〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2016年の私的ベスト・アルバム5枚<br />
&ベスト・ソング5曲 by 河村祐介

>>>2016年のベスト・アルバム5枚

5. Kowton / Utility

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2016年の私的ベスト・アルバム5枚<br />
&ベスト・ソング5曲 by 河村祐介
FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store

4. Jay Daniel / Broken Knowz

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2016年の私的ベスト・アルバム5枚<br />
&ベスト・ソング5曲 by 河村祐介
FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store

3. Yves Tumor / Serpent Music

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2016年の私的ベスト・アルバム5枚<br />
&ベスト・ソング5曲 by 河村祐介
FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store

2. Will Long / Long Trax

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2016年の私的ベスト・アルバム5枚<br />
&ベスト・ソング5曲 by 河村祐介

1. Skee Mask / Shred

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2016年の私的ベスト・アルバム5枚<br />
&ベスト・ソング5曲 by 河村祐介
FIND IT AT :
iTunes Store




>>>2016年のベスト・ソング曲

5. Nitam / Keen Insight

FIND IT AT :
iTunes Store

4. Don't DJ / Gammellan

FIND IT AT :
iTunes Store

3. The Orb / Sex (Panoramic Sex Heal)

FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store

2. 坂本慎太郎 / ディスコって

>>>7インチ収録のオノシュンスケによるカヴァー・バージョン。

1. D.A.N. / SSWB

FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store





なによりもアノーニなんですが、もはや日本語のメディアでは日の目を見なくなったダンス~電子音ものでアルバムは固めました。このほかでは石野卓球、マーク・プリチャードとかプラッドとか、ベテランのアルバムは軒並み最高だった。あ、ついにはシッピングのミスで届かず、聴けずじまいで判断できず(試聴的にはばっちりだったんだけど、なにぶんね)だったダムダイク・ステアとかも絶対アレなんですが、とりあえず除外系で。

とにかく今年はBandcampとかBoomkatとか巡って、なんとなーくいい音源に出会えるコツとかわかってきて、いろいろ聴きまくって、音買うの楽しかったな~という1年でした。が、上記にはそんなにその手の音源が反映されてなくてすいません。レコード・ショップに足繁く通い、12インチがわりと音源購入の種だった世代としては、サブスクは物足りないというか、あれは大型輸入CD店の試聴機がいつでも呼び出せる感覚で使ってるかも。あとは、そのあたりで足りないのは、あのだーっといろんな音源とレヴューが載ったページがウェブ・メディアでないよなーとか。欲しいなーとか。

そして、D.A.N.。最高でした(アルバムもすばらしかったんだけど、最後にリリースしたシングルが良過ぎましたね~)。ロンドンの若いディープ・ハウス勢がおもしろくて、ちょっと気になるところ。あとは坂本慎太郎のこの曲、不寛容という言葉があまりにもなし崩しに猛威をふるった1年を考えると、ダンスフロアを愛するものとして、この楽曲はうれしい反面、なぜ日本のダンス・カルチャーからこういったものが出て、こなかったのかということを考えてもしまいました。


〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、
2016年の私的ベスト・アルバム5枚
&ベスト・ソング5曲 by 清水祐也


2016年
年間ベスト・アルバム 75





TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    王道のポップの意味が問われる2017年、<br />
Okada Takuro本人との対話から解きほぐす<br />
初ソロ『ノスタルジア』という答え:前編

    October 11, 2017王道のポップの意味が問われる2017年、
    Okada Takuro本人との対話から解きほぐす
    初ソロ『ノスタルジア』という答え:前編

  • LATEST

    世界との格闘に明け暮れたシャムキャッツの<br />
新たな出発点『Friends Again』を機に逡巡<br />
と決断の10年史をメンバー4人と語る:後編

    October 20, 2017世界との格闘に明け暮れたシャムキャッツの
    新たな出発点『Friends Again』を機に逡巡
    と決断の10年史をメンバー4人と語る:後編

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位