SIGN OF THE DAY

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、
2017年のベスト・アルバム、ソング
&映画/ドラマ5選 by 小野島大
by DAI ONOJIMA January 01, 2018
〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2017年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 小野島大

>>>2017年のベスト・アルバム TOP 5

5. BIGYUKI / Reaching For Chiron

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2017年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 小野島大

4. PUNPEE / MODERN TIMES

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2017年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 小野島大

3. Eccy / Narrative Sound Approach

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2017年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 小野島大

2. 石野卓球 / ACID TEKNO DISKO BEATz

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2017年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 小野島大

1. CORNELIUS / Mellow Waves

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2017年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 小野島大



>>>2017年のベスト・ソング TOP 5

5. Grapevine / 楽園で遅い朝食

4. D.A.N / SSWB

3. 一十三十一 / Flash of Light

2. SALU feat.ゆるふわギャング / 夜に失くす

1. 大森靖子 / オリオン座



両部門とも日本人アーティストのみを対象とした。アルバムとシングルのアーティストはダブらないように配慮した。邦洋全ジャンル対象のベスト・アルバムは〈ミュージックマガジン〉1月号で、またエレクトロニック・ミュージック限定のベスト・アルバムは〈リアルサウンド〉で選んでいるので、そちらも参照してください。惜しくも選に漏れたのがReliq、テイ・トウワ、DE DE MOUSE、sione、坂本龍一、銀杏BOYZなど。

音楽シーン全体の傾向がどうとか世界的に何が流行ってるとか今後何が来そうとか、そういうことはよくわからないけど、全体にソフト&メロウでメロディアスな歌ものが目立ったし、自分の愛聴するものもそっちの方に引きずられた感がある。自分でもこれほどロック色の薄い選出になるとは思わなかった。ハードでエネルギッシュでラウドなものを好むという自分の嗜好に変わりはないはずだが、そうしたものはレコードよりもライヴを見ている方がはるかに面白く刺激的だったことも確かである。そんなことは東京ロッカーズの昔からわかりきっていることではあるが、今更ながら再認識した。引きこもりの文筆生活は、やはり足腰を弱らせる。

ことに今年後半にTHIS IS JAPAN、ニトロデイ、ドミコなんてとこをたて続けに見て、やはりライヴハウスの現場が一番面白いと痛感した。確かにそこには日本のロックの新しい動きの、まだほんの萌芽期に過ぎないにしろ、確かな手応えがあったのだ。そして彼らが充実したアルバムを作って〈ロッキング・オン・ジャパン〉で評価されエスタブリッシュされるころ、また新しいバンドが出てくるのである。


〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、
2017年のベスト・アルバム、ソング
&映画/ドラマ5選 by 照沼健太


「サイン・マガジンのライター陣が選ぶ
2017年の年間ベスト・アルバム/
ソング/ムービー/TVドラマ5選」
扉ページ


「2017年 年間ベスト・アルバム 50」
扉ページ

TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    鼎談:宇野維正×照沼健太×田中宗一郎<br />
日本の次世代ポップ・アイコンは欅坂46平手<br />
友梨奈とスーパーオーガニズムのオロノだ!

    March 20, 2018鼎談:宇野維正×照沼健太×田中宗一郎
    日本の次世代ポップ・アイコンは欅坂46平手
    友梨奈とスーパーオーガニズムのオロノだ!

  • LATEST

    急速に進化するフェミニズムを取り巻く状況<br />
と議論にポップ音楽はどう向き合ったのか?<br />
チャーチズ、ジャネール・モネイを題材に②

    July 15, 2018急速に進化するフェミニズムを取り巻く状況
    と議論にポップ音楽はどう向き合ったのか?
    チャーチズ、ジャネール・モネイを題材に②

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位