SIGN OF THE DAY

この4組のリリースで北米インディ大復活?
ロンドンでもバンド・シーンが遂に活性化?
フランク・オーシャンが強力曲を突如発表!
by YOSHIHARU KOBAYASHI April 12, 2017
FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store
この4組のリリースで北米インディ大復活?<br />
ロンドンでもバンド・シーンが遂に活性化?<br />
フランク・オーシャンが強力曲を突如発表!<br />

ケンドリック・ラマーの新作が遂に出るか? と世界中が固唾を飲んで見守っていた4月8日。結局ケンドリックのアルバム・リリースは翌週に持ち越しと判明しましたが、フランク・オーシャンが突如新曲を発表したり、ジョーイ・バッドアスが新作をドロップしたりと、北米のヒップホップ/R&Bシーンは話題に事欠きませんね。

2010年代のポップ音楽における事件の大半はオンライン上に発火点を持っていると言っても過言ではありません。ただ、そうした注目すべきトピックは新たなトピックにあっという間に押し流されがち。見過ごしてしまっているトピックはありませんか?

今回〈サイン・マガジン〉が選んだトピックは4件。どれも何かしらの新たな胎動を感じさせるものばかり。時代は確実に動いていますね。それぞれのトピックに対する編集部内での興奮と期待の度合いは5段階の★印で表示、その理由も添えてあります。では、早速チェックしていきましょう。




1)ザ・ワールド・イズ・アワーズ! フランク・オーシャン新曲は〈ビーツ1〉のラジオから世界同時発表。オンラインで世界中が大興奮

注目度:★★★★
フランク・オーシャンがまたもやってくれました。ここにきて、ジェイ・Z、タイラー・ザ・クリエイターという最強力フィーチャリング。もちろん曲自体は圧巻の仕上がり。そして何よりも、「リリース告知→リリース→プロモーション・ツアー」という、いまだ日本では誰もがさしたる意味もなく踏襲しているルーティンをさらりと飛び越えるサプライジングな展開。まだまだフランク・オーシャンへの注目度とプロップスはうなぎ昇りです。「う~ん、“うなぎ昇り”って言い回しがオッサン臭いよね(田中)」「語り口も更新されないと話になりませんからね(小林)」



音楽の聴き方やリリース形態がドラスティックに変わり続けている今の時代、どのような形で自分の作品を受け手に届けるのがベストなのか? どうすればファンのロイヤリティを高められて、受け手をわくわくさせることが出来るのか? これは多くの表現者たちが向き合っている大切な問題です。

フランク・オーシャンもこの問題に意識的なのは言わずもがな。2016年におけるヴィジュアル・アルバム『エンドレス』と『ブロンド』の連続リリース。『ブロンド』の別ヴァージョンをつけた〈ボーイズ・ドント・クライ〉マガジンの無料配布や、ブラック・フライデーの一日限定で行われた『ブロンド』のフィジカル&〈ボーイズ・ドント・クライ〉&Tシャツの通信販売など、常に受け手に驚きと興奮を与えられるように考え抜かれています。同時にそれは自身のクリエイティヴィティと自由な活動を担保することにもなるからです。

そして、2017年に入ってからも、そんなフランク・オーシャンのトライアルは続いていると言っていいでしょう。

年明けにはApple Musicの〈ビーツ1〉にて自身がパーソナリティを務めるラジオ番組〈ブロンデッド・ラジオ〉を突如スタート。

Blonded RADIO 001



第二回の放送では新曲“シャネル”をサプライズ公開。しかもその放送では“シャネル”が18回連続でオンエアされ、その中にはエイサップ・ロッキーによるリミックス・ヴァージョンも含まれていたというおまけつきでした。

Frank Ocean / Chanel

Frank Ocean / Chanel (Remix) [feat. A$AP Rocky]

FIND IT AT :
iTunes Store


そして4月8日に放送された第三回では、なんとジェイ・Zとタイラー・ザ・クリエイターをフィーチャーした新曲“バイキング”を突如ドロップ!

Frank Ocean / Biking feat. Jay Z, Taylor, The Creator

FIND IT AT :
iTunes Store


公式サイトではプレヴュー動画も公開。この曲はMVも用意済みのようです。

“シャネル”がリリースされた時は、「『ブロンド』のアウトテイクをサービスで出したのか?」という見方もありましたが、どうやらそう簡単な話ではなさそうです。さて、フランク・オーシャンの次の動きは如何に?!



2)北米インディ本格復活の狼煙を上げるのはフリート・フォクシーズか、スフィアン・スティーヴンスか、グリズリー・ベアか、はたまたブロークン・ソーシャル・シーンか?

注目度:★★★★★
アメリカ東海岸の知性を代表するダーティ・プロジェクターズ新作に続き、北米各地からはゼロ年代インディを代表する作家たちの待望のリリースが目白押し。北米メインストリーム・ポップがアンダーグラウンドの冒険性と信頼を飲み込んだ2010年代後半にあって、新たな「インディ」のアイデンティティは今年確立されることになるのでしょうか?「この4組だと誰に一番期待がありますか?(田中)」「僕は一番人気がないグリズリー・ベアなんですけどね(小林)」「いやいや、俺だってグリズリー・ベアだっての!(田中)」



ゼロ年代の北米インディ最盛期の立役者たちが、ここにきて次々と新作のリリースを発表。近年は熱心なファン以外を巻き込む求心力が衰えつつあるように感じられた北米インディですが、ここから本格的な巻き返しが始まるのでしょうか? 順番に見ていきましょう。

①まずは北米インディのトップランナーの一組、フリート・フォクシーズ。彼らは6年ぶりの新作『クラック・アップ』を6月16日にリリースすることを発表。9分近くに及ぶ大曲を先行公開しました。

Fleet Foxes / Third of May / Ōdaigahara

FIND IT AT :
iTunes Store


②ブロークン・ソーシャル・シーンの“ハーフウェイ・ホーム”は、なんと7年ぶりの新曲。まだ正式アナウンスはされていませんが、ニュー・アルバムは秋前になるとか。

Broken Social Scene / Halfway Home

FIND IT AT :
iTunes Store


③スフィアン・スティーヴンスはUSインディの顔役たちが結集した豪華アルバム『プラネタリウム』を6月9日にリリースします。メンバーはスフィアン、ザ・ナショナルのブライス・デスナー、スフィアンやビョークとの仕事でお馴染みのニコ・マーリー、そしてスフィアンのバンドのドラマーでもあるジェイムス・マカリスター。

アルバムは太陽系にインスパイアされた作品ということで、“サターン(土星)”と題された曲が先行公開されています。

Sufjan Stevens, Bryce Dessner, Nico Muhly, James McAlister / Saturn

FIND IT AT :
iTunes Store


④そして編集部の期待を一身に集めているグリズリー・ベアは、謎のティーザー映像を立て続けに公開。2016年10月の時点で「90パーセント完成している」と語っていたニュー・アルバムのアナウンスが間近に迫っていると考えて、ほぼ間違いないでしょう。

Grizzly Bear




3)ロンドンは燃えている! ビッグ・ムーン、フォーメーション、マリカ・ハックマン――ロンドンから新たなバンド・シーン胎動を感じさせる強力リリースが目白押し

注目度:★★★★★
めぼしい新人のニュースもシーンの気配もほぼ感じられなかった英国バンド・シーンですが、ここにきてロンドン周辺がざわめいてきました。5月に急遽来日が決まったフォーメーション、彼らとも友人関係にあるビッグ・ムーン、そしてビッグ・ムーンの4人がバッグを務めたマリカ・ハックマンの2ndアルバム――どれもインディというよりはロックのまっとうな興奮をまとった、新たな動きの芽生えを感じさせます。「やっぱインディじゃなくてロックだよね、ロックンロール!(田中)」「〈NME Japan〉とかを見ている限り、英国のロックと言えばいまだにオアシスとエルトン・ジョンとポール・マッカートニーですけどね(小林)」「ミューズとかもいるんじゃね?(田中)」



誰もがほぼ完全に見切りをつけていたイギリスのバンド・シーンは、約10年ぶりの大復活を果たすのでしょうか? 新たな震源地はロンドン。ここから注目すべきニュー・カマーが次々と登場しています。

初来日を5月に控えたフォーメーションは、〈サイン・マガジン〉の読者なら既にご存知のはず。

Formation / A Friend

FIND IT AT :
iTunes Store


彼らとも親交がある4人組ガールズ・バンド=ビッグ・ムーンは、曲はもちろん、メンバーのキャラクターもMVのセンスも、すべてが最高です。1stアルバム『ラヴ・イン・ザ・フォース・ディメンション』は一言で言えば傑作。

The Big Moon / Silent Movie Susie

FIND IT AT :
iTunes Store


そして、ビッグ・ムーンの4人がバッグを務めたマリカ・ハックマンの2ndアルバム『アイム・ノット・ユア・マン』も期待大。リード・トラックの“ボーイフレンド”はビッグ・ムーンにポップなエッセンスを追加投入した感じで、これまた最高です。やっぱりロンドンは燃えている!

Marika Hackman / Boyfriend

FIND IT AT :
iTunes Store





4)ドレイクも応援! チャンス・ザ・ラッパー、行く末はシカゴ市長?

注目度:★★★
チャンス・ザ・ラッパーにとっては恩師とも言えるカニエ・ウェストは、ライヴ中のMCで「本当ならトランプに投票した」と20分以上も演説して、ライヴは中止。会場からそのまま緊急入院し、ツアーは全キャンセル。退院後にはトランプと会談して、トランプが表紙を飾る〈タイム〉誌にサインまでもらっていました。その一連の行動は、流石にファンのみならず友人ジョン・レジェンドからも大ブーイングを受けることに。しかし、そんなカニエとは対照的に、北米ラップ・シーンの外交官&宣教師チャノへの期待はうなぎ昇りです。「えー、“うなぎ昇り”、また?(田中)」「いいじゃないですか、近いうちにうなぎも食えない世の中になるんだし(小林)」



有料販売された作品だけがノミネート資格を持っているという〈グラミー賞〉のルールを塗り替え、ストリーミングのみで配信していた『カラーリング・ブック』でグラミー三冠を達成してみせたことが象徴するように、チャンス・ザ・ラッパーは世の中の変化を後押しし、願わくば良い方へと転がしていくため、自分の影響力を効果的に使うことには常に意識的。

そういった点では、最近の地元シカゴにおける一連の活動も非常にチャノらしいと言えます。

2017年3月には、資金難に陥っているというシカゴの公立学校のために100万ドル(日本円で約1億1000万円)を寄付。シカゴの学校で記者会見も開きました。

Chance the Rapper Donates $1M to Chicago Public Schools


すると、バスケット・ボール・チームの〈シカゴ・ブルズ〉もチャノに続いて100万ドルの寄付を表明。カニエ・ウェストやジャスティン・ビーバーのマネージャーであるスクーター・ブラウン、コメディアンのハンニバル・バーエスもチャノの後を追って寄付をしたことが明らかにされています。

4月には、シカゴの公立学校の芸術教育を支援するファンドを設立することも記者会見で発表。

こうした一連の動きを受けて、有志のファンが「チャンス・ザ・ラッパーを2019年の市長選でシカゴ市長に!」というキャンペーンをスタートさせました。


Chano4Mayor2k19

おまけに、チャンス・ザ・ラッパーならぬチャンス・ザ・メイヤー(©コンプレックス)の誕生にはドレイクも前向き。「チャンス・ザ・ラッパーはシカゴ市長にふさわしいと思いますか?」との記者からの質問に、「そう思う」と答えたそう。

カニエが2020年の大統領選挙に出馬宣言した時はブーイングの嵐だったみたいですが、チャノは本人に立候補の意志がなくとも、この持ち上げられよう。やっぱりこれは人徳の差でしょうか。


2017年、ポスト・トゥルース時代の真実を
再定義するのは誰だ? リル・ヨッティ?
カマシ・ワシントン? それともヒョゴ?





TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    「フランク・オーシャン以降」を象徴する、<br />
音楽的地平をボーダレスに拡張しながら、<br />
2017年のサウンドを鳴らす次世代アクト5選

    September 20, 2017「フランク・オーシャン以降」を象徴する、
    音楽的地平をボーダレスに拡張しながら、
    2017年のサウンドを鳴らす次世代アクト5選

  • LATEST

    「フランク・オーシャン以降」を象徴する、<br />
音楽的地平をボーダレスに拡張しながら、<br />
2017年のサウンドを鳴らす次世代アクト5選

    September 20, 2017「フランク・オーシャン以降」を象徴する、
    音楽的地平をボーダレスに拡張しながら、
    2017年のサウンドを鳴らす次世代アクト5選

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位