SIGN OF THE DAY

〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2019年のベスト・アルバム、ソング&
映画/TVシリーズ5選 by 辰巳JUNK
by TATSUMI JUNK January 01, 2020
〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、<br />
2019年のベスト・アルバム、ソング&<br />
映画/TVシリーズ5選 by 辰巳JUNK

>>>2019年のベスト・ソング TOP5(順不同)

J.Cole / Middle Child

Ariana Grande / 7 rings

Billie Eilish / bad guy

Lizzo / Good As Hell feat. Ariana Grande

Lil Nas X / Old Town Road feat.Billy Ray Cyrus


2019年アメリカン・ポップ・カルチャーのトレンドを代表するヒット作を順不同で選出。

J・コール“ミドル・チャイルド”は、ヴァイラル主義やサイド・ビジネス活況などヒップホップ・コミュニティの景観を切り取りながら「一人の中堅の目線」を編み出す流石の手腕。ラップ界が栄光のかたわらで疲弊も見せるなか、ポップ復活の一手となった存在こそ、ヒップホップなアティチュードのアリアナ・グランデ“7・リングス”。そのままビリー・アイリッシュがトップを獲ったことで「10’sラップ・サウンド取り込みポップ」が完成? 2019年USチャート・ヒットはポップ・女性アクト・陽気サウンドの躍進が目立ちましたが、リゾは3つ全てを代表する「顔」ですね。

総合面で印象的だった要素は「ジ・アメリカーナ」。多様性・包括性ムーヴメントを経てからのクラシック再構築のようなリル・ナズ・エックス“オールド・タウン・ロード”がメガ・ヒット、そしてラナ・デル・レイ再評価が到来しました。同時に、2010年代、包括性議論を根づかせた『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』が有終の美を飾ったこともメモラブル。以下、映画およびTV作品の順不同5選。

>>>2019年のベスト映画/TVシリーズ TOP5(順不同)

オレンジ・イズ・ニュー・ブラック シーズン7

アンビリーバブル たった1つの真実

サクセッション シーズン2

アベンジャーズ/エンドゲーム

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8


番外:Jesus Is King


" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen>


2019年TVはハードな実話モノがトレンドでしたが、『ボクらを見る目』はエモーショナルな画、『アンビリーバブル』は性差別環境が伏線やノイズになるミステリが素晴らしい作劇。『ザ・ボーイズ』など皮肉コメディもバック。『サクセッション』に至っては、経済不平等に鬱憤がたまる世相あってのこじれた喜劇で面白い。

「2010年代総決算」ムードはMCUインフィニティ・サーガおよび『ゲーム・オブ・スローンズ』が終了した春に一段落。のこる夏秋冬は『ジョーカー』や『ジーザス・イズ・キング』など「新たな始まりの下準備」フェーズに感じたりもしました。2020年代を迎えるにあたって意識したい教訓としては、『スローンズ』賛否両論ラストを語ったミゲル・サポチニク監督の一言。「自分自身を問うこと、これこそが我々を人間足らしめるのです。そうして下される決断が正しかろうと、誤っていようとも」。


「〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2019年の年間ベスト・アルバム、
ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選」
扉ページ


「2019年 年間ベスト・アルバム 50」
扉ページ

TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、<br />
2019年の年間ベスト・アルバム、<br />
ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

    January 14, 2020〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
    2019年の年間ベスト・アルバム、
    ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

  • LATEST

    〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、<br />
2019年の年間ベスト・アルバム、<br />
ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

    January 14, 2020〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
    2019年の年間ベスト・アルバム、
    ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位