SIGN OF THE DAY

〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2019年のベスト・アルバム、ソング&
映画/TVシリーズ5選 by 渡辺裕也
by YUYA WATANABE January 01, 2020
〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、<br />
2019年のベスト・アルバム、ソング&<br />
映画/TVシリーズ5選 by 渡辺裕也

>>>2019年のベスト・アルバム TOP 5

5. girl in red / chapter 2

4. BENEE / Fire on Marzz

3. んoon / Body

2. Men I Trust / Oncle Jazz

1. Giant Swan / Giant Swan



>>>2019年のベスト・ソング TOP 5

5. Roy Blair / FANTAZIA

4. Easy Life / Sangria ft. Arlo Parks

3. 21 Savage / a lot

2. Rosalia / A Pale

1. Ariana Grande / needy



2019年の個人的ベスト10にうっかり入れそびれた作品がいくつかあり、ここに取り上げたのはその一部です(アルバムの個人ベスト10は〈ミュージック・マガジン〉誌1月号に掲載されてます)。

Spotifyのサーヴェイによると、僕は2019年に約50カ国の音楽を聴いたことになるんだけど、なんとなくそんな実感が湧かないのは、たとえばヨーロッパや東アジアの音楽からアメリカっぽさを感じることが増えたからだと思う。よくも悪くも北米中心だった2010年代。ストリーミングの浸透によって世界各所のローカルな音楽シーンが活性化していくことを期待してたんだけど、むしろ最近はグローバルなポップ・ミュージックがどんどん均質化しているように感じる。

そんな2019年において、他の何者にも似ていない楽曲を次々と放っていたのが、ロザリア。スペイン産のフラメンコをヒップホップやレゲトンと折衷させながらワールド・スタンダードに押し上げていった彼女から、とにかく目が離せない一年だった。

もっとクセの強い音、耳馴染みのない刺激的な音が聴きたいという欲求に応えてくれたのが、ジャイアント・スワンの冷たいインダストリアル・ビート、ロイ・ブライアのサンプリングとヴォーカル・チョップを駆使したコラージュ的な音像、あるいはJPEGMAFIAの粗野な音響だった。欧米のメインストリームで売れまくってる音楽に夢中になれた2010年代中盤も、それはそれで楽しかった。でも、そんな時代も徐々に過去となり、ディケイドが切り替わって完全にリセットされた感じがする。今年は国内外を問わず、各地のアンダーグラウンドに新たな鉱脈を探したいなーと思ってます。


〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、
2018年のベスト・アルバム、ソング
&映画/ドラマ5選 by 磯部涼


「〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2019年の年間ベスト・アルバム、
ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選」
扉ページ


「2019年 年間ベスト・アルバム 50」
扉ページ

TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、<br />
2019年の年間ベスト・アルバム、<br />
ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

    January 14, 2020〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
    2019年の年間ベスト・アルバム、
    ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

  • LATEST

    全米3位! タイラー・ザ・クリエイターに<br />
見いだされた2020年代の寵児、レックス・<br />
オレンジ・カウンティ「現象」は是か非か?

    February 10, 2020全米3位! タイラー・ザ・クリエイターに
    見いだされた2020年代の寵児、レックス・
    オレンジ・カウンティ「現象」は是か非か?

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位