SIGN OF THE DAY

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、
2017年のベスト・アルバム、ソング
&映画/ドラマ5選 by 小林雅明
by MASAAKI KOBAYASHI January 01, 2018
〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2017年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 小林雅明

>>>2017年のベスト映画/ドラマ TOP 5

5. ノクトラマ/夜行少年たち

4. The Deuce

3. Le Orme

2. 鳥類学者

1. ツイン・ピークス The Return



>>>2017年のベスト・ソング TOP 5

5. Luis Fonsi / Despacito ft. Daddy Yankee

4. Tamela Mann / Change Me

3. Juliette Armanet / Je Te Sens Venir

2. Daniel J. White / Opening ("Atlantide Story")

1. Dua Lipa / New Rules (Initial Talk 80s Rules Remix)



国外の音楽に輸入盤ソフトで接しているのなら、新作映画やTVドラマも同様の速さで、ってのを昔から可能な限り実践中。で、ここ数年は時間差が縮む一方。その感覚で捉えると、ドラマでは、昨年の『ブラック・ミラー』がファーザー・ジョン・ミスティなどの楽曲(やMV)に、『インセキュア』がセザの『Ctrl』に、そして、『Love & Hip Hop』がカーディ・Bその人に、とどこかで確実に繋がっていた。

一方、今年、毎週目が離せなかった『ツイン・ピークス The Return』や『The Deuce』は、どちらも過去の同じ製作陣によるTVドラマ史上の傑作との繋がりのほうが強そう。と偉そうなことを言っているくせに、『鳥類学者』と『ノクトラマ/夜行少年たち』は、昨年の東京国際映画祭での見逃し作品。旧作では、1975年の映画『Le Orme』に戦慄した。

旧作といえば、1980年作品『Le Lac des Morts Vivants』のサントラが今年初音盤化。テーマ曲は『ナチス・ゾンビ/吸血機甲師団』なる邦題とは真逆でなんと優美なこと。80年代と言えば、デュア・リパの“ニュー・ルールス(イニシャル・トーク・80s・ルールス・リミックス)”は、その中盤に流行ったハイエナジー・イタロあるいはイタロエナジー(要はbpm遅めのハイエナジー)を参照してはいるけれど、絶妙に2017年らしき音色を確認。確認と言えば、ウイークエンドの“アイ・フィール・イット・カミング”を今年のフレンチ・ポップス代表ジュリエット・アルマネが“Je Te Sens Venir”と題し、テンポを落し、よりメロディアスに、仏語で歌い直してみると、これがまたしっくり、作者がダフト・パンクだしショパンぽいコードも欧州風だなとあらためて。Spotifyの「あなたの2017年まとめ」によると、トップ・ソングは“デスパシート”。今年も、すげえ大衆的なポップ音楽が大好きという結果に。そう、Spotifyのおかげで、「ゴスペル」という大衆音楽を聴く機会も増え、超大ヒット曲“チェンジ・ミー”も身近に。


〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、
2017年のベスト・アルバム、ソング
&映画/ドラマ5選 by 小野島大


「サイン・マガジンのライター陣が選ぶ
2017年の年間ベスト・アルバム/
ソング/ムービー/TVドラマ5選」
扉ページ


「2017年 年間ベスト・アルバム 50」
扉ページ

TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    【短期集中連載④】英国インディ・ロックの<br />
新たな震源地=サウス・ロンドンの実態を<br />
その当事者に訊く:ドリーム・ワイフ編

    April 24, 2018【短期集中連載④】英国インディ・ロックの
    新たな震源地=サウス・ロンドンの実態を
    その当事者に訊く:ドリーム・ワイフ編

  • LATEST

    ハインズ2ndの功労者、かつ2018年最重要<br />
プロデューサー、ショーン・エヴェレットが<br />
語る2010年代のサウンド・プロダクション

    May 23, 2018ハインズ2ndの功労者、かつ2018年最重要
    プロデューサー、ショーン・エヴェレットが
    語る2010年代のサウンド・プロダクション

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位