SIGN OF THE DAY

〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2020年のベスト・アルバム、ソング&
映画/TVシリーズ5選 by 照沼健太
by KENTA TERUNUMA December 25, 2020
〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、<br />
2020年のベスト・アルバム、ソング&<br />
映画/TVシリーズ5選 by 照沼健太

>>>Best Albums of 2020

5. Megan Thee Stallion / Good News

4. Charli XCX / how I’m feeling now

3. Haim / Women in Music Pt III

2. Arca / KiCk i

1. Crack Cloud / Pain Olympics



>>>Best Songs of 2020

5. BLACKPINK / Lovesick Girls

4. Perfume Genius / Jason

3. cero / Fdf

2. KOHH / What I Want?

1. Grimes / Delete Forever



>>>Best Movies / TV Series of 2020

5. クイーンズ・ギャンビット


4. Formula 1: 栄光のグランプリ シーズン2


3. Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season


2. 監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影


1. 1917 命をかけた伝令



2020年はあまりにも短く、同時に気が遠くなるほど長かった。年末には「グライムスの新作、なかなか出ないね」だとか「『1917』っていつの作品でしたっけ?」なんて呆けたことを口走ってしまう始末だったが、おそらく同じような感覚を持っている人が大半ではないだろうか。

そんな混乱はもちろんポップ・カルチャーの世界にも大打撃を与えた。映画館やクラブの閉鎖はもちろんだが、フェスの中止はインドア派の自分にとっても想像以上の影響があったように思える。つまり、フェスのラインナップやスロット序列、パフォーマンスの評判は、思った以上にシーンや文脈を形成する“メディア”としての役割を担っていたのだ。

そんな世相を反映してか、この〈ザ・サイン・マガジン〉はじめ各メディアの年間ベスト、そしてこの個人ベストからも「本当はこうじゃなかったはず」という無念や“暫定感”が見て取れる気がしてならない。ラインナップされる作品それ自体も、すべてが過去あるいは過渡期のものであるように思えてしまう。

しかし、もはや線路の分岐は切り替えられた。唯一できるのは、目を逸らさずにこの道をしっかりと歩むことだけなのだ。だが、それと同時に、かつて向かっていたはずの未来を捨て去る必要はない。きっと、この道の先のどこかで、いつか合流できるはずだ。


〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2020年のベスト・アルバム、ソング
&映画/ドラマ5選 by 荏開津広


「〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2020年の年間ベスト・アルバム、
ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選」
扉ページ


2020年
年間ベスト・アルバム 50

TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、<br />
2020年の年間ベスト・アルバム、<br />
ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

    January 18, 2021〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
    2020年の年間ベスト・アルバム、
    ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

  • LATEST

    〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、<br />
2020年の年間ベスト・アルバム、<br />
ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

    January 18, 2021〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
    2020年の年間ベスト・アルバム、
    ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位