SIGN OF THE DAY

〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2020年のベスト・アルバム、ソング&
映画/TVシリーズ5選 by 荏開津広
by HIROSHI EGAITSU December 25, 2020
〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、<br />
2020年のベスト・アルバム、ソング&<br />
映画/TVシリーズ5選 by 荏開津広

>>>Best Songs of 2020

5. DJ CHARI & DJ TATSUKI / GOKU VIBES feat. Tohji, Elle Teresa, UNEDUCATED KID & Futuristic Swaver

4. Jin Dogg / 街風feat.Real T

3. Zoomgals / 生きてるだけで状態異常

2. Awich / Brainswash feat.Chinza Dopeness & DOGMA

1. LEX / WORLD PEACE feat.OZworld & JP THE WAVY



>>>Best Movies / TV Series of 2020

5. マルコムX 暗殺の真相

4. 憲法修正第13条

3. 監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影

2. ブラジル 消えゆく民主主義

1. ヒルカラナンデス


2011年以来気がつき考えようとしても漠としていた様々なことどもへ漸く手がかりを得たような1年でした。現在進行のメディアとして、例えば、若いYouTuberたち、例えばヘラヘラ三銃士、さんこいち、もしくはkemioとラッパーちゃんみなのやりとりや会話を観たり聞いて笑うと同時に若さや心の揺れ動きは20世紀と変わらないように思えます。一方で『ブラジル 消えゆく民主主義』に映し出されているように20世紀以前に考えられ、自分が生きてきたなかで現実化されたと思しき価値や概念にもし何かが起こっているとしたら、それに対してアートは積極的な意味を持つか。例えば、“享楽的”な“ポップ”音楽をそうした世界の変動に位置付け聴いてみることは可能か。実は長い時間を経てこうした考え方に自分は至ったのではなく、最初に夢中になった音楽がヒップホップである人間としては、普遍的な美しさや優れた演奏なんて無条件に信じられる訳がない。そうした始まりがありました。ヒップホップが蔑まれてきたことがあるとしたら、奴隷の子孫たちが作った雑音だという白人至上主義的眼差しと関係ない訳がない。こうした視線と私たち(アジア人、もしくは日本人といってもいい)が無縁な訳もないですよね。そのことで幾つかのドキュメンタリーを選びました。『ヒルカラナンデス』はラッパーとコメディアンが始めた政治と社会についてのテレビ以後の形式を探るもので、コミュニケーションに肯定的であり、いわゆる配信の中では最も優れていると考えています。


〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2020年のベスト・アルバム、ソング
&映画/ドラマ5選 by 萩原麻理


「〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
2020年の年間ベスト・アルバム、
ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選」
扉ページ


2020年
年間ベスト・アルバム 50

TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    2020年 年間ベスト・アルバム<br />
41位~50位

    December 29, 20202020年 年間ベスト・アルバム
    41位~50位

  • LATEST

    〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、<br />
2020年の年間ベスト・アルバム、<br />
ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

    January 18, 2021〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、
    2020年の年間ベスト・アルバム、
    ソング、ムーヴィ/TVシリーズ5選

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位