SIGN OF THE DAY

サインマグの各ライター陣が本音で選んだ
〈サマーソニック〉お薦めアクト・トップ5
その②:キュレーション by 小林雅明
by MASAAKI KOBAYASHI July 08, 2014
サインマグの各ライター陣が本音で選んだ<br />
〈サマーソニック〉お薦めアクト・トップ5<br />
その②:キュレーション by 小林雅明

Ghost

FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store

今年の〈サマーソニック〉で、まず一番に観てみたいアーティストと言えば、ゴースト。誰が見ても、えっ、なにこれ?というか、日本にもこんな人いましたよね、的な装束にメイクだし、そういった見た目とアンチ・クライストという、ある意味相当ガチガチなコンセプトで固めているスウェーデンのバンド。なのですが、何段階にもわたって観客(リスナー)を、はぐらかすところが興味深く、特にヴォーカルのネイムレス・グールが妙。イントロで引っ張っておいてもらって、満を持してステージに出てくるわりには、彼の挙動(というかステージ・アクション)はヘンに落ち着いている。しかも、歌いだせば、その歌声は、驚くべきことに、なぜかデュラン・デュランのサイモン・ル・ボンぽい。と書いてしまえば、昨年のアルバム『インフェスティスマム』の日本盤に、デペッシュ・モードの“ウェイティング・フォー・ザ・ナイト”のカヴァーが収録されていたのも納得できるかもしれません。この妙に?いや、実はかなりポップな感触が、この人たちの最大の武器なのかもしれません。高度にコンセプチュアルなのか否か、正体がつかめないあたりが、ゴーストたるゆえんなのでしょうか!

きゃりーぱみゅぱみゅ

FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store

そういった高度なコンセプト、高度でなくてもいいのだけれど、そのコンセプトの「解れ」みたいのを感じ取れるのも、ライヴの醍醐味ではないでしょうか。きゃりーぱみゅぱみゅも、「カワイイ」とかいう表向きのイメージと違って、常にどこか物悲しさやそこはかとない不安感が漂っていて、聴くたびにそこが引っかかってきます。そういった全然「はじけない」部分を、最近の“ゆめのはじまりんりん”や“きらきらキラー”では、表に出してきていることもあって、どういう表現にむかってゆくのかなあ、という興味があります。

矢野顕子

FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store

サウンド的には、“ゆめのはじまりんりん”も“きらきらキラー”も80年前後のYMOに追うところが大きいように聞こえましたが、YMO全盛期に、そのつながりでナマで何度となく聴いていた“在広東少年”を、砂原良徳と組んでセルフ・カヴァーしたヴァージョンを最新作『飛ばしていくよ』に入れていた矢野顕子。このアルバムは95年の『Piano Nightly』で確立したスタイルにヴォーカロイドなど2013年的なサウンド指向をぶつけたものなので、今回、このタイミングで、ピアノ一台に、何をどう組み合わせてくるのか、注目してます。

ここで、やや余談になりますが、思いだしたついで書いてしまうと、ナマで見るとなると、矢野顕子よりは年下とはいえ、50歳前後に位置する(ここで同列にするのもなんなのですが)浜田麻里や森高千里の「今のパフォーマンス」も気になります。

Azealia Banks, Banks

一方、色んな意味での期待と余計な心配が入り混じっているのが、マウンテン・ステージに登場する二人のバンクス。アジーリア・バンクスとバンクス。前者は、ライヴでも、ボールルーム・ハウス(ヴォーグ)やトラップやローンの曲にまでラップを載せてしまうアッパーなスタイルで貫く人ですが、このところ新曲を出すことよりも、同業者をツイッターなどでディスってなんぼ、という姿勢を強めていて、日本の大人しい観客をドついてこないかと……という点に、それとは逆に、バンクスのほうは、我々観客サイドが、じっと耳を澄ませてあげたり、時には必要以上盛り上げてあげたほうがいいでは?といった点で、です。

Azealia Banks / Liquorice (sampled Lone's “Pineapple Crush”)

FIND IT AT :
iTunes Store

Banks / Brain

FIND IT AT :
iTunes Store


Little Dragon

で、スウェーデンのバンドで書きだしたので、締めも……というわけではないですが、リトル・ドラゴンが、マウンテン・ステージの他に、オールナイト枠のミッドナイト・ソニック枠にも出演することになっています。そこで、昨年発表したサウス・アフリカ・ミックスみたいな選曲で、クワイトやアフロ・ハウスを楽しめるDJタイムなども含まれていたら、楽しいだろうな、と妄想してみましたっ!



サインマグの各ライター陣が本音で選んだ
〈サマーソニック〉お薦めアクト・トップ5
その③:キュレーション by 清水祐也
はこちら。


「さて〈サマーソニック2014〉なんですが、
果たしてアークティック・モンキーズ以外に
見どころはあるのか? 検証してみますよ。」
はこちら。


History - 2014 | SUMMER SONIC

ARCTIC MONKEYS,QUEEN + Adam Lambert,AVRIL LAVIGNE,ROBERT PLANT AND THE SENSATIONAL SPACE SHIFTERS,AVENGED SEVENFOLD,PHOENIX,らが出演した、2014年のSUMMER SONIC(サマーソニック)を振り返ります

TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    2018年サマー・フェスすべてのハイライトは<br />
世界から置き去りにされた日本のファンダムを<br />
塗り替えるチャンス・ザ・ラッパー初来日だ!

    July 02, 20182018年サマー・フェスすべてのハイライトは
    世界から置き去りにされた日本のファンダムを
    塗り替えるチャンス・ザ・ラッパー初来日だ!

  • LATEST

    毎月25日前後に〈the sign podcast〉の<br />
新マーチを発売します。今回の新マーチの<br />
ご紹介と、今後の展望についてお話します

    November 30, 2021毎月25日前後に〈the sign podcast〉の
    新マーチを発売します。今回の新マーチの
    ご紹介と、今後の展望についてお話します

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位