SIGN OF THE DAY

サインマグの各ライター陣が本音で選んだ
〈サマーソニック〉お薦めアクト・トップ5
その③:キュレーション by 清水祐也
by YUYA SHIMIZU July 10, 2014
サインマグの各ライター陣が本音で選んだ<br />
〈サマーソニック〉お薦めアクト・トップ5<br />
その③:キュレーション by 清水祐也

1. Ben Watt with Bernard Butler

FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store

多くの人たちと同じように、ベン・ワットが1983年にリリースしたアルバム『ノース・マリン・ドライヴ』と、その前年のロバート・ワイアットとの共作EP『サマー・イントゥ・ウィンター』は、僕にとっても特別な作品だ。“ネオ・アコースティック”という言葉の響きに惹かれてオレンジ・ジュースやアズテック・カメラの作品を手に取り、アコースティックというイメージからは程遠いサウンドに戸惑っていた当時の自分にとって、文字通りアコースティックで、誰もいない浜辺のように寂しげなベン・ワットやトレイシー・ソーンのソロ・アルバムは、まさに心の拠り所とも言えるものだった。

だからこそ、その後トレイシーと結成したエヴリシング・バット・ザ・ガールやDJでの活動を通じてドラムンベースやハウス・ミュージックに接近していったベン・ワットの31年ぶりのソロ・アルバム『ヘンドラ』が、原点に立ち返ったようなシンガー・ソングライター的な作品だったのは嬉しい驚きだったし、そのアルバムを携えて久しぶりに来日するというのだから、エヴリシング・バット・ザ・ガールをリアルタイムで体験できなかった自分にとっては、喜びもひとしおだ。しかも今回帯同するのは、アルバムでもリード・ギターを弾いていた元スウェードのバーナード・バトラー。近年はリバティーンズやクリブス、ケイジャン・ダンス・パーティーなどのプロデューサーとしての活動で知られている彼がプレイヤーとして表舞台に立つことも、大きな話題になるだろう。……贅沢を言えばビーチ・ステージに打ち寄せる波を避けながら、曇り空の下で見ることができたら文句無かったのだが、ベン・ワットが爪弾く“ノース・マリン・ドライヴ”のイントロが聴こえてきたら、きっと心はすぐにでも冬の海に飛ばされてしまうに違いない。

2. Little Dragon

FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store

3. Cibo Matto

FIND IT AT :
iTunes Store

4. Sky Ferreira

FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store

5. Azealia Banks

FIND IT AT :
iTunes Store

そのベン・ワットを聴くといつも思い出すのがスウェーデン人シンガー・ソングライターのホセ・ゴンザレスなのだが、彼が初来日した際のサポート・メンバーだったのがユキミ・ナガノ。その後ゴリラズやSBTRKTのアルバムに客演してすっかり人気者になった彼女が、自身のバンドであるリトル・ドラゴンを率いて来日するのも見逃せない。同じくゴリラズへの参加でも知られる羽鳥美保と本田ゆかのチボ・マットも、15年ぶりの新作『ホテル・ヴァレンタイン』を携えて凱旋帰国。チューン・ヤーズやミカチューといった女性アーティストたちの先駆けとも言える、カラフルでエキセントリックなステージに期待しよう。そして音楽は勿論、その過激な言動でなにかとお騒がせなスカイ・フェレイラとアゼアリア・バンクスの、“東西バッド・ガール対決”にも注目。

他にも例年以上に女性ソロ・アーティストの出演が目立つ今年のラインナップ、見どころは“ナッシング・バット・ザ・ガール”なのかもしれない。



サインマグの各ライター陣が本音で選んだ
〈サマーソニック〉お薦めアクト・トップ5
その④:キュレーション by 天野龍太郎
はこちら。


「さて〈サマーソニック2014〉なんですが、
果たしてアークティック・モンキーズ以外に
見どころはあるのか? 検証してみますよ。」
はこちら。

TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    2018年サマー・フェスすべてのハイライトは<br />
世界から置き去りにされた日本のファンダムを<br />
塗り替えるチャンス・ザ・ラッパー初来日だ!

    July 02, 20182018年サマー・フェスすべてのハイライトは
    世界から置き去りにされた日本のファンダムを
    塗り替えるチャンス・ザ・ラッパー初来日だ!

  • LATEST

    数量限定!宮下貴裕デザイン!生産は<br />
TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.!<br />
受注締切は4月2日!お見逃しなく!

    March 24, 2022数量限定!宮下貴裕デザイン!生産は
    TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.!
    受注締切は4月2日!お見逃しなく!

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位