SIGN OF THE DAY

ロックンロールの荒野を爆走する蒼き衝動、
ベンジャミン・ブッカーの日本ツアー、
各公演に1組2名様をご招待!
東京公演はシャムキャッツも出ますよー
by YOSHIHARU KOBAYASHI January 28, 2015
FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store
ロックンロールの荒野を爆走する蒼き衝動、<br />
ベンジャミン・ブッカーの日本ツアー、<br />
各公演に1組2名様をご招待!<br />
東京公演はシャムキャッツも出ますよー

2014年最高のロック・レコードがスプーンの『ゼイ・ウォント・マイ・ソウル』で、2014年最高のサイケデリック・レコードがテンプルズの『サン・ストラクチャーズ』だったとすれば、2014年最高のロックンロール・レコードはベンジャミン・ブッカーの『ベンジャミン・ブッカー』だった。そう思いませんか?いや、なんでかって、その理由は彼の1stを昨年の年間ベストで10位に選んだ時にも書きました。でも、わざわざリンクを踏むのも面倒くさいというあなたのために、もう一度彼のデビュー・シングルを貼っておきましょう。これが最高のロックンロールでなくて、何だと言うのでしょうか?

Benjamin Booker / Violent Shiver

FIND IT AT :
iTunes Store


いやあ、最高ですよ。でも、この最高なベンジャミン・ブッカーの来日公演まで既に一ヶ月を切っていること、最近の来日ラッシュですっかり忘れていたとかありませんよね?あるいは、2月のホステス・クラブ・ウィークエンダーがかなり豪華で外せないから、こっちは我慢するとか?いやいや、何を言っているんですか。HCWの記事でも書きましたけど、最近は海外アクトの単独公演って激減しています。しかも、ベンジャミン・ブッカーみたいに将来有望だけど現時点では爆発的な人気には至っていない新人の場合は尚更。

実際、ベンジャミン・ブッカーって、なぜか新人なのにブッキング・フィーが高額で、普通だったら現時点での単独来日公演なんて絶対無理!って感じだったらしいんですよ。で、そうこうしているうちに、海外と日本での人気に大きな落差が生まれ、結局一度も来日出来ずに終わりました――なんて話になるところだったかもしれないっていう。でも、「ちゃんと今のタイミングで日本のオーディエンスに観てもらいたい!」と考えていたレーベルの担当者が、かなり無理言って社長も説得して呼んでくれたらしいんです。ロー・リスク・ロー・リターンが基本の今の音楽業界で、かなり嬉しい話じゃないですか。これを見逃すなんて、勿体無さ過ぎるでしょ。だから、こうして我々も、微力ながら応援するために来日公演の記事を作っているわけなんですよ。せっかくなんで、CDの購入リンクも貼っておきましょうか。

でも、ベンジャミン・ブッカーのライヴってどうなの?と思っている人もいるかもしれません。実は現在のバンド編成でやり始めたのはそんな昔のことではないらしいので、レコード・デビュー当初の映像を見てみると、バンド・アンサンブルがやや心許ないこともありました。でも、男子三日会わざれば刮目して見よ、です。今やすっかりこのバンド編成も板についている模様。スタジオ・ライヴにもかかわらず、レコーディング・ヴァージョンよりはるかに性急でアグレッシヴなこの映像とか、たまらないですよ。

Benjamin Booker / Have You Seen My Son? (live)

FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store

Benjamin Booker / Violent Shiver (live)

FIND IT AT :
iTunes Store


こちらは上の二つより半年ほど前に、ロンドンの老舗ヴェニュー、100クラブでやった時の映像。実際のライヴの雰囲気が一番伝わってくるのはこれですね。

Benjamin Booker / Violent Shiver (live from The 100 Club)

FIND IT AT :
iTunes Store


で、やっぱりアコースティックでの演奏も絶品。特に、パリ近郊のストリートでゴミ箱の上に乗って引っ張られながら、“ハヴ・ユー・シーン・マイ・サン?”をやってるのとか、最高としか言いようがありません。いやあ、これ、日本でもどこかでやってくれないでしょうか?

Benjamin Booker / Have You Seen My Son? (A Take Away Show)

FIND IT AT :
Amazon MP3 & CD/iTunes Store

Benjamin Booker / Happy Homes (A Take Away Show)

FIND IT AT :
iTunes Store


なので、もう本当に期待しかないですよ。今のベンジャミン・ブッカーのライヴには。しかも!なんと東京公演のオープニング・アクトにはシャムキャッツが大決定!いよいよ、これを見逃すとか絶対にあり得ない状況です。

ということで、〈サイン・マガジン〉ではベンジャミン・ブッカーの来日公演のチケット・プレゼントを行います。東京と大阪、各1組2名様のご招待です。

応募方法は、〈サイン・マガジン〉のツイッター・アカウント、@thesignvoiceをフォローし、ご希望の公演の応募用ツイートをRTするだけです。どしどしご応募ください。来日公演の詳細とチケット・プレゼントの注意事項は以下の通りです!



〈Hostess Club presents Benjamin Booker〉
>>>大阪公演
開催日:2015年2月12日(木)
会場:梅田Shangri-La
開場 18:00 開演 19:00
チケット代:5,500円(ドリンク代別)

>>>東京公演
開催日:2015年2月13日(金)
会場:東京・渋谷Duo Music Exchange
開場 18:00 開演 19:00
チケット代:5,500円(ドリンク代別)
オープニング・アクト:シャムキャッツ


【チケット・プレゼント】
〈ホステス・クラブ・プレゼンツ・ベンジャミン・ブッカー〉に〈サインマグ〉読者をご招待!応募方法は、ツイッターの@thesignvoiceをフォローし、ご希望される公演の応募用ツイートをリツイートするだけ!

東京公演の応募はこちらから!
*チケット・プレゼントは終了しました。

大阪公演の応募はこちらから!
*チケット・プレゼントは終了しました。

【締切】
2015年2月8日(日) 23:59

【当選者発表】
ご当選された方には、締め切り後にツイッターのダイレクト・メッセージ(DM)にてご連絡差し上げます。なお、DM送信後、2日以内にご返信いただけない場合は、当選を無効とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

【注意事項】
・期間中、元の文章を含めた形で当該のツイートをリツイートした方が対象となります。
・当日は関係者窓口でのゲストリスト対応となります。必ず身分証明書をご持参下さい。


TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    チャンス・ザ・ラッパーが先導する「新しい<br />
シカゴ」は如何に生まれたのか?その変遷を<br />
紐解くシカゴ年表④「2016年編」

    January 18, 2018チャンス・ザ・ラッパーが先導する「新しい
    シカゴ」は如何に生まれたのか?その変遷を
    紐解くシカゴ年表④「2016年編」

  • LATEST

    毎月25日前後に〈the sign podcast〉の<br />
新マーチを発売します。今回の新マーチの<br />
ご紹介と、今後の展望についてお話します

    November 30, 2021毎月25日前後に〈the sign podcast〉の
    新マーチを発売します。今回の新マーチの
    ご紹介と、今後の展望についてお話します

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位