SIGN OF THE DAY

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、
2018年のベスト・アルバム、ソング
&映画/ドラマ5選 by 沢田太陽
by TAIYO SAWADA January 04, 2019
〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2018年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 沢田太陽

>>>2018年のベスト・アルバム TOP 5

5. Idles / Joy As Act Of Resistance

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2018年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 沢田太陽

4. Cardi B / Invasion Of Privacy

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2018年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 沢田太陽

3. Kacey Musgraves / Golden Hour

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2018年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 沢田太陽

2. Mitski / Be The Cowboy

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2018年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 沢田太陽

1. The 1975 / A Brief Inquiry Into Online Relationships

〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、<br />
2018年のベスト・アルバム、ソング<br />
&映画/ドラマ5選 by 沢田太陽



>>>2018年のベスト・ソング TOP 5

5. Rosalia / Malamente

4. Shame / Tasteless

3. Christine & The Queens / Girlfriend

2. Robyn / Missing U

1. Soccer Mommy / Cool



>>>2018年のベスト映画/ドラマ TOP 5

5. ボヘミアン・ラプソディ


4. アリー/ スター誕生


3. マーベラス・ミセス・メイゼル


2. ブラック・クランズマン


1. 君の名前で僕を呼んで




「一に女、二に女、三、四も女で、五も女」みたいな、僕の音楽リスナー人生において、経験がなかったような年だった。とにかくどのジャンルも女性がリードしていたとしか思えなかった。まあ、2018年に急に始まったことではなく、ここ5年くらいからずっと存在していたことではあるけれど。今や、エレキ・ギターの購買者も半分は女性で、インディ・ロックでも目立つのはほとんど女性。やはり今は女性の方が男性よりも「ありきたりのダンス・ポップなんかじゃ、自分たちの価値観なんて代弁されない」という、オルタナティヴな意識が芽生えやすくなっているのかも。個人的にはライオット・ガールズ前後からオルタナティヴ・ガールズの応援はしているけれど、本来、音楽にジェンダーは関係ないと思っているので、野郎達にも頑張ってほしい。

あと、映画で『アリー/スター誕生』や『ボヘミアン・ラプソディ』と、「生の歌の魅力」で聞かせる映画が年に2本も流行ったというのも、すごく珍しいことだった。人々の潜在的な意識の中に、そうした昔ながらのトラディショナルかつフィジカルな温かみのあるものへの憧憬が刺激され始めたりしているのか。そこにベッタリ注目したいとまでは思わないものの、決して無視はできない兆しのような気もし始めている。


〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、
2018年のベスト・アルバム、ソング
&映画/ドラマ5選 by 八木皓平


「〈サインマグ〉のライター陣が選ぶ、
2018年の年間ベスト・アルバム、
ソング、映画/TVドラマ 5選」
扉ページ


「2018年 年間ベスト・アルバム 50」
扉ページ

TAGS

MoreSIGN OF THE DAY

  • RELATED

    2020年を大胆予想!新たなディケイドの<br />
幕開けは2016年以来のビッグ・イヤー?<br />
今知っておきたい7つの重要音楽トピック

    February 05, 20202020年を大胆予想!新たなディケイドの
    幕開けは2016年以来のビッグ・イヤー?
    今知っておきたい7つの重要音楽トピック

  • LATEST

    全米3位! タイラー・ザ・クリエイターに<br />
見いだされた2020年代の寵児、レックス・<br />
オレンジ・カウンティ「現象」は是か非か?

    February 10, 2020全米3位! タイラー・ザ・クリエイターに
    見いだされた2020年代の寵児、レックス・
    オレンジ・カウンティ「現象」は是か非か?

  • MOST VIEWED

    2013年 年間ベスト・アルバム<br />
11位~20位

    December 19, 20132013年 年間ベスト・アルバム
    11位~20位