タグ:吉田ヨウヘイgroupのついた記事

8otto、岡田拓郎、NAHAVAND―アジカン<br />
とは別の形でシーンを支える後藤ワークスの<br />
変遷、その背景を後藤正文本人に訊く:後編
岡田拓郎ソロ始動にあわせ、不世出のバンド<br />
「森は生きている」とは何だったのか?その<br />
問いに答える秘蔵インタヴュー初公開:後編
東京インディが離散した2015年。そして、<br />
世代交代が進む2016年、シャムキャッツが<br />
夏のラヴ・ソング“マイガール”を世に問う
ニール・ヤングとブラー、ニルヴァーナを<br />
繋ぐ、その中心にダイナソーJr.がいた時代、<br />
「栄光の92年」再び。DMA'Sインタヴュー
paradise lost, it begins
何がすごいの?どこが新しいの?今年、<br />
全米No.1に輝いた唯一のインディ・バンド、<br />
アラバマ・シェイクスのすべてを<br />
解説させていただきます:前編
2014年 年間ベスト・アルバム <br />
41位~50位
特別対談:岡田拓郎×吉田ヨウヘイ 後編<br />
「吉田ヨウヘイgroupの音楽は意味不明」<br />
「森は生きているの2ndアルバムは、誰にも<br />
絶対わかんないし、本人もわかってない」
特別対談:岡田拓郎(森は生きている)×<br />
吉田ヨウヘイ(吉田ヨウヘイgroup)前編<br />
「この二人って、ジム・オルークさんと<br />
大友良英さんが共通項なんですよ」
日本にも本格的サイケデリック・エラ到来。<br />
そんな「日本の今」を代表する5バンドを、<br />
そして、その先駆者をご紹介しましょう。