タグ:Pavementのついた記事

15年ぶりの活況? スーパーオーガニズム、<br />
ペール・ウェイヴス、ドリーム・ワイフ――<br />
完全復活した英国シーンの覇権は誰の手に?
オルタナの寵児?無気力世代の代表?――<br />
時は94年。ブレイク直後のベックの貴重な<br />
インタヴュー2本を蔵出し特別掲載:後編
女性ポップ・アイコン全盛期の10年を経て、<br />
時代を牽引するのはフィメール・バンド? <br />
そんな流れを予感させるアクト10組を厳選
シーン不在の時代がゆえに隠れがち。もしや<br />
見過ごしてませんか? 早耳リスナーだけが<br />
聴いている「2016年ロック名盤10選」
遂にスラッカー・ロックが復活するかもね。<br />
南ロンドンのニューカマー、ハピネスを<br />
聴きながら、90年代リヴァイヴァルが<br />
さらに加速する可能性について考えました
孤高のモダン・ロックンロール・バンド、<br />
スプーン、オールタイム・ベスト5曲。<br />
その④:キュレーション by 田中宗一郎
孤高のモダン・ロックンロール・バンド、<br />
スプーン、オールタイム・ベスト5曲。<br />
その③:キュレーション by 天野龍太郎
DEAD MONTANO