タグ:Calvin Harrisのついた記事

<Ahhh Fresh!>第7回<br />
ラップ/ヒップホップ定点観測 by 小林雅明
2017年夏の〈サマーソニック〉の主役は<br />
女性アーティスト? 今絶対に観ておきたい<br />
最重要アクト10組を格付けランキング!
ポストEDMの時代、カルヴィン・ハリスの<br />
『ファンク・ウェーヴ・バウンシズ Vol.1』<br />
だけが唯一無二な理由についてお教えします
最高傑作『ファンク・ウェーヴ・バウンシズ<br />
Vol.1』の栄光は1日にしてならず。あなたの<br />
知らないカルヴィン・ハリスpart.2 黎明期編
ポスト・オバマ時代のポップ基調モードは<br />
メロウ&ドープ? 絶頂の果て、気怠い憂鬱を<br />
鳴らすシガレッツ・アフター・セックスの闇
女性ポップ・アイコン全盛期の10年を経て、<br />
時代を牽引するのはフィメール・バンド? <br />
そんな流れを予感させるアクト10組を厳選
EDMのキング? テイラー・スウィフトの<br />
元カレ? あなたが知らないカルヴィン・<br />
ハリス part.1 現行ポップ最前線モードの今
ハイム、ロジック渾身の新曲に負けじと<br />
LCDサウンドシステム筆頭にブルックリン勢<br />
次々と再始動。ヤング・サグは相変わらず
曽我部恵一が2010年代作品を大胆仕分け。<br />
現時点での2017年の最高傑作はFUTUREの<br />
『FUTURE』だと語る理由に耳を傾けよう